teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


気になること

 投稿者:奈良岡 実  投稿日:2018年 6月19日(火)08時21分1秒
返信・引用
  津軽名人戦の結果、飯田先生がおまけの部屋に送ってくれてたみたいですね。

私は弘前でお菓子を購入する用事があったのですが、お菓子屋さんというのは人生で一度も入ったことがありません。例えばケーキの分類は自分の中で2種類。切り分けて食べる大きなケーキと、個別の小さなケーキ。きちんと分類するといろいろ種類があるみたいですが、分かるのは名前が特徴的で印象に残った「モンブラン」だけ。食べるのは好きですが、どれでも同じと思ってます。それで地元の人にどんなお店に行けばいいのか聞いてみるとみなさん詳しいこと詳しいこと。「〇〇は有名だがあまり知られてない△△がいいと思う」とか「◇◇は味が濃厚なのでコーヒーや紅茶といただいた方が」とか。男性でお菓子の知識がある人がいることは驚きでした。

それはそれとして、大会で気になることが。初段前後のクラスでよく見られることですが、最後の「詰み」「不詰み」を間違って感想戦をやっている。そこが違っていれば結論は180度変わるわけで、結論が間違ってる感想戦が棋力向上に利となるか害となるか。そして恐ろしいのはたぶん当事者が「詰み・不詰みが間違っている感想戦は害になるという意識がなく、感想戦をすること自体が重要だと思っている」こと。

私の一門は感想戦はあまりしないし、全然考えないので対局がパタパタ進んでいきます。序盤は重要視してないので形勢はだいたい悪くなってると思います。でも結果的に各クラスでトーナメントの一番上まで進んでいるはずです。「詰みの部分だけは絶対間違えない」こと。初段前後だと、多少形勢は悪くても大きな駒損をせず、詰みの正確さがあれば上に進めるのは間違いないと思っています。
 
 

七寸盤

 投稿者:奈良岡 実  投稿日:2018年 6月14日(木)15時37分4秒
返信・引用
  県将棋連盟に深いご縁のある会社の将棋部から、七寸盤を寄贈していただきました。私も七寸盤では指したことがありません。しばらく道場に置いておくので、よろしかったら体験してみてください。  

三段位獲得戦結果

 投稿者:奈良岡 実  投稿日:2018年 6月10日(日)16時15分30秒
返信・引用
  参加24人 4人一組の予選後、通過者によるトーナメント
【準々決勝】左側が勝ち・数字は段位
米川 達也②(秋田大附中1)ー林 幸之介①(金沢小4)
成田 琉真①(造道中1)-櫻庭 英樹①(青森市)
小野 大佑②(浦町中2)-高木 伴彰②(藤崎町)
工藤 斗也②(弘前南高1)-川村 豪②(つがる市)

【準決勝】
成田ー米川   工藤ー小野

【決勝】
工藤ー成田
 

青函交流・宿泊者将棋大会について

 投稿者:旦代 一男  投稿日:2018年 6月10日(日)10時49分21秒
返信・引用
   青函交流大会(7/29)の前日に行う宿泊者将棋大会について、「宿泊せずに将棋大会又は懇親会だけの参加もお申し出ください。」としていましたが、その際の参加費についてお知らせします。

 将棋大会=大人1,000円、高校生以下= 500円。
 懇親会 =大人3,500円、高校生以下=2,000円。

 上記の参加費で行います、宿泊不要の方もお申し出ください。
 参考、1泊2食付きのフルコース=大人8,000円、小人6,000円としています。

 宿泊者将棋大会は7月17日(火)までの事前申し込みが必要ですが、会場予約の都合上(宿泊者最大40名)、一次集約を6月30日、二次集約を7月10日として取りまとめていきます。早めのお申し込みを、お願いします。

 申込先:日本将棋連盟 青森支部  電話・FAX 017-775-7744
     〒030-0845 青森市緑3-1-2
     担当:旦代(タンダイ)又は奈良岡
 

段位及び有段者

 投稿者:加藤  投稿日:2018年 6月 5日(火)19時53分40秒
返信・引用
  今年、初段免状を賜りました。
いわゆるペーパー初段ですが、初段を允許されたことに変わりありません。
しかし「研鑚怠ラス」とは程遠い、情け無い生活を送っていました。
さて先日SNSを眺めていたところ、ある武道有段者に対して「その段位など価値はない」という内容のコメントがありました。
その有段者が反論されていらっしゃいましたが、見事に段位の本質を説教されていました。
私とは全く無関係でしたが、怠惰な私を説教したように感じ、その方に敬意を払い御礼申し上げました。
深く反省し、錆びを取るべく詰将棋を解き始めた次第です。
段位及び有段者の心得を再認識し自戒した出来事です。
 

小・中学生選手権結果

 投稿者:奈良岡 実  投稿日:2018年 6月 3日(日)18時41分30秒
返信・引用
  【小学生高学年代表決定戦】4人・5人の予選後、通過者による5人総当たり
①工藤 知里(浦町小6)
②小西 海 (長島小6)
③林 幸之介(金沢小4)

【中学生一般】4人一組の予選後4人トーナメント
①今  勇実(聖愛中2)
②堰野端駿太(弘大付属中2)
③山本 直生(弘大付属中3)
③中村 叶愛(江陽中3)

【小学生中級】4人一組の予選後6人トーナメント
①工藤 空 (佃小6)
②工藤千夏人(佃小6)
③西村 心 (合浦小3)
③上明戸颯太(筒井小5)

【小学生初級】4人一組の予選後6人トーナメント
①西村 優 (合浦小6)
②江戸 航晴(五所川原市立栄小1)
③奥瀬 宗颯(    〃   4)
③平沢 拓人(    〃   3)

【小学生女子アマ名人戦東北大会】3人総当たり
①工藤 知里(浦町小6)
②林  仁子(金沢小6)
③畠山 史子(大船渡市盛小5)

【中学生女子アマ名人戦東北大会】4人総当たり
①小原 杏菜(花巻市東和中3)
②及川 瑞希(北上市北上中2)
③中村 叶愛(江陽中3)
④工藤 小春(津軽中1)

※女子東北大会合わせて参加51人。8部門で6人の代表を決め、それぞれで敗者戦をやるのは想像を絶する喧噪でした。さらに小学生高学年がお約束の3すくみに継ぐ3すくみ。たぶん4回3すくみになり、中学生より時間がかかりました。どうしてこのような方式でやるのかというと、ネタ作りはもちろんありますが、船橋君・俊介・慧梧君、亮平・啓太・孝太郎などで分かるように、痺れる勝負を多く経験することが、その後の棋力成長につながるからです。運営は相当大変だけど、畠山父、北畠先生、成田君の助力で全部門を無事終えることができました。
 

小・中学校選手権結果速報

 投稿者:高森祐樹  投稿日:2018年 6月 3日(日)16時27分35秒
返信・引用
  中学生代表の部(3人一組の予選後6人トーナメント)
1位 蛯澤俊太(造道中2)(先程試合終了)
2位 櫻庭一樹(弘大付属中2)
3位 高森祐樹(浦町中2)
   上村豊太(弘前五中2)
 

小・中学校選手権途中結果速報

 投稿者:高森祐樹  投稿日:2018年 6月 3日(日)16時12分35秒
返信・引用
  小学生低学年の部(6人総当たり)
1位 納谷一歩(泉川小3)
2位 奈良岡潤(金沢小3)
3位 奈良岡隆太郎(弘前東小3)
 

話を聞かない人

 投稿者:奈良岡 実  投稿日:2018年 5月29日(火)17時12分11秒
返信・引用
  毎週土曜日の「伝統文化子ども将棋教室」は原則として毎週開催なのですが、半年の切り替わり時や私が県内にいないときなどお休みの時もあります。でも半年分の予定表には書いているし、近くなると子供たちにも伝えているのですが、奈良岡門下の子は人の話は聞かないし、プリントは忘れて帰るか捨ててしまうことも多いようです。それで休みの時でも来る子がいるのですが、まあそんなだからしょうがないなあと思っていました。

今日はRAB学苑の日なのでサンロードいったら、事務局の人が「将棋は休みの回です」と。なんか事前に説明したらしく、文書でももらっていたのですが、まったく念頭にありませんでした。誰が人の話を聞かないでプリント捨ててしまうのかよ~く分かりました。
 

大学棋界

 投稿者:奈良岡 実  投稿日:2018年 5月29日(火)09時28分54秒
返信・引用
  成田君から孝太郎が学生名人戦で準優勝したようだと聞いたのですが、今日は本人から報告がありました。青森県は大学棋界と少し縁遠いのですが、学生準名人の称号は大変なものです。今まで県出身者の学生名人は近村君と慧梧君だけ。学生王将(こっちの方が難しいとおもう)は鈴木君と慧梧君(2回)だけ。これまで本県からは大学棋界に多くの人材を輸出してきたけれど、孝太郎もこれから4年間のうちに、ぜひ頂点にたどり着いてほしいですね。でも元気で4年間過ごすことが一番だけど。  

レンタル掲示板
/284