teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


合宿の報告

 投稿者:阿部林太郎メール  投稿日:2008年 6月29日(日)22時27分11秒
返信・引用
  合宿お疲れ様でした。
早速、話し合いの結果をお伝えします。

[プレゼンの方向性]
・日本の社会、特に企業が求めている人材とその背景を説明
 →年功序列、終身雇用、新卒主義、ゼネラリストを求める
  因みに、公務員も同じ(大學にアカデミズムを国は求めているのに国を動かす国家公務  員はゼネラリストばかり)
  ☆ここで、西川君のインタビューを紹介
・それを踏まえて、大學が実際に行っている就職のための活動を紹介
 →立命館のインターンを単位認定する制度(親御さんに押されて作られた制度)
  慶應等の就活サークル(学生の意識)
・上記を説明後、実際に日本の大學、及び国が求める大学像を紹介
 →本来あるべき大學の姿、アカデミズムを追及する場であり学問の各種スペシャリスト  を作るはずでは。
  ☆ここで、皆が調べた各大学のシラバスから幾つか紹介
・そして、日本の大学生の現状をアンケートを元に説明
 →がんばってサンプルを集めましょう。
  ☆自分は5人ほど集めました。

[ディスカッションクエッション]
・あなたは自分の大學に満足してますか?その理由を教えてください。
 →時間があれば一人一人に1分ぐらいで話してもらう。
・3つの架空の大學を紹介しどこの大学に行きたいかアンケート
 A大學:アカデミズムを追求する学校(学者や教授を排出?)、京大や東工大
 B大學:日本の一般大学、勉強よりも大学生活自体を優先。
・あなたが思う理想の大學は?

こんな感じのことを話し合いました。
次の定例会までにアンケートを各自集めて、集計できるといいかなと思ってます。
あと、パワポ得意な人大募集☆
 
 

(無題)

 投稿者:にしかわ  投稿日:2008年 6月27日(金)13時33分14秒
返信・引用
  http://www.jica.go.jp/kokusouken/enterprise/chosakenkyu/kyakuin/pdf/200103_12a.pdf
http://www.arabiancampus.com/studyinyemen/edusys.htm
http://tokyo.mfa.gov.il/mfm/web/main/document.asp?SubjectID=20876&MissionID=43&LanguageID=270&StatusID=0&DocumentID=-1
http://e-archive.criced.tsukuba.ac.jp/data/doc/pdf/2004/04/egypt_12_6.pdf

アラブ諸国の教育制度
 

6/22 議事録

 投稿者:メール  投稿日:2008年 6月22日(日)22時37分55秒
返信・引用
  <決定事項>
・アウトライン
日本の教育制度(5)

大学生の現状(10)

大学、企業、国からのニーズ(10)

ギャップ(5)

・大学の現状調査チーム(関、ありさ、しゅりさん、りょうたさん)

大学生の現状の把握→自分のやっていること=優先順位

以下は大学生の分類です(3パターン)括弧ないは担当者
・授業でない人=学業が第1優先ではない→やりたいことがあるのに熱中(関)

・サークル(普通)=勉強(課題のみ)と遊びとバイトのバランス感を重視する人
授業、課題、テスト前
楽な授業を取る人→周りの噂を取る
なぜバランスをとれるのか?
単位が余裕でとれる
(ありさ)
・アカデミックの勉強=大学院生になるのが目的→論文、弁護士、学校の勉強が将来に伝わる人
(阿部さん)


この調査終了後

自分らでもっと抽象的にして検討

<今後>
・ありさ、阿部さん、関は調査
・しゅりさん、りょうたさんは他のコンテンツを考える
たとえば
この円グラフだけではさびしいのでこの分類した3人に共通の質問をするなど!

ちなみに授業にでない型の優先順位

仕事50(ビジネス系読書なども含む
旅20
TOEIC20
学校の勉強10(必修のみ出席)

だそうです!

http://www.wasedajuku.com/wasemaga/unipro-note/2008/06/post_139.html

 

(無題)

 投稿者:りょうた  投稿日:2008年 6月21日(土)23時49分4秒
返信・引用
  教育制度は、たぶん阿部さんが調べてきてくれて、

求められる大学像は、ゆうくんの調べてくれた「各大学の理念+文科省ホームページ」+ゆうくんがしてくれた人事課の人へのインタビュー、で形にはできて、

大学、大学生の実態は、しゅりさんが紹介してくれた東大の調査結果をいろいろ抜き出したり、簡単なアンケートを実施して「○○君の一週間」みたいなのを作れば形になると思う。

そういうわけで、プレゼンはできそうだけど、いまいちプレゼンの方向性というか目的が曖昧なままになっちゃっている。
明日の定例会では、今まで調べてきてくれたものをうまく使いながら、より絞ったトピック、特定のトピックに話を持って行けないか話し合ってくれませんか?
 

Re: こんなの見つけました

 投稿者:りょうた  投稿日:2008年 6月21日(土)23時40分40秒
返信・引用
  > No.7[元記事へ]

いちかわさんへのお返事です。

> りょうたくん、掲示板ありがとう~
>
> 東大が行っている全国大学生調査
> http://daikei.p.u-tokyo.ac.jp/index.php?College%20Student%20Survey
> 主な調査項目は
>    ●普段受けている授業について
>    ●大学の学習・生活環境について
>    ●卒業後の進路について
>    ●普段の生活について
> だそうなので、結構使えるのでは?と思います。
>
> 活用方法としては、冒頭のジェネラルインフォメーションで、
> または大学生の現状を伝える部分で。
>
> http://daikei.p.u-tokyo.ac.jp/index.php?Publications
> ワーキングペーパーも興味深いですよ。

>しゅりさん

いい調査結果教えてくれてありがとう。

ぼくが想像していた以上に意外と日本の大学生はまじめで驚いたwww
そっか、学校を休みがちでいまいち授業に満足できない自分は、どちらかというと例外なんだ。

どうしようか、いまいち特色が出てこないね。

このアンケートを誰かがプリントアウトして持って行って、みんなで見て興味深そうなところをピックアップして、相手にも答えてもらう。それを突き合わせて違いが出るかどうかを見る。というのが、いいかな。

ぼくがおもしろいなと思ったのは、

【授業について】問3,5,6
【大学の授業への評価】問9,10
【進路】問15
【日常】すべて(問16~22)

けど、このままじゃあまりに全体的すぎるので、もう少し絞る必要がある。

ーーー

教育制度→求められる大学像→大学、大学生の実態

この流れでプレゼンするのはいいのだけれど、やっぱりこのままじゃ全体的すぎるので、もう少し発表者の興味関心に合わせてトピックを絞ってもいいと思う。
どういうのをもっと詳しく話したいか、どこに話を持っていきたいか、明日の定例会で話し合ってください。

ーーー

明日の定例会にはいけません。ごめんなさい。

あと、明日代表から言ってもらえると思うけど、たぶん、今年の夏会議には参加できません。ごめんなさい。でも、DTはできる限り協力します。

中間報告の六月合宿まであと1週間ですが、がんばりましょう。
 

Re: 中間報告―――追加

 投稿者:りょうた  投稿日:2008年 6月18日(水)20時27分54秒
返信・引用
  > No.11[元記事へ]

asadaameさんへのお返事です。

> 当方テスト中ということもあり、ちゃんと会ってインタビューすることはできないと思われます。
> そこでメール、電話等で質問することにしました
> 質問したい事があればご連絡下さい
>
> ゆうだい

ありがとう!

というかゆうくんすごいね。叔父さん、すごいね!

質問したいのは、

・『大学ランキング』の「企業が評価する大学」をみてどう思うか。(納得?or納得できない?)
・自分ならどの大学を評価するか(1~5位まで)、その理由は。
・自分が新卒者を評価する際、どういう基準で評価をするか。
・大学に求めるものは何か。

抽象的になりすぎるなら、いくつかゆうくんが大学の特徴・機能と思うものをいろいろと挙げて、このうちどれを重視するか、とかでもいいかも。

あと、インタビューする相手はひとりじゃなくてできたら複数人のが偏らなくていいかも。

テスト期間中なのに、ありがとう。期待してるよ。
 

中間報告―――追加

 投稿者:asadaame  投稿日:2008年 6月18日(水)18時13分51秒
返信・引用
  当方テスト中ということもあり、ちゃんと会ってインタビューすることはできないと思われます。
そこでメール、電話等で質問することにしました
質問したい事があればご連絡下さい

ゆうだい
 

中間報告

 投稿者:asadaame  投稿日:2008年 6月18日(水)18時00分24秒
返信・引用
  西川です
叔父に連絡して、どこかの会社の人事課の人を探してもらうことになりました
「大企業の」「係長クラス」という条件で探してもらってるのですが、条件はこれでよろしいでしょうか。ちなみになぜ「係長クラス」かというと、採用面接に出てくる人、つまり採用現場の生の声を聞こうとの狙いがあるからです。
なにかご意見があるなら、こちらまで連絡いただければ幸いです
 

15日に話し合ったこと

 投稿者:りょうた  投稿日:2008年 6月17日(火)22時33分31秒
返信・引用 編集済
  書き込むのが遅れてすみません。

15日に話し合ったことを書きます。

・まず、それぞれが調べてきた文献・資料などの紹介とか、調べていて思ったこととか。

「大学自身が求める大学像」は下にあるとおり、ゆうくんが調べてきてくれたので大丈夫だと思う。これをもとに、簡潔にまとめればよいと思う。そのついでに、補足的にそれぞれの大学の特色も発表したらおもしろいかもという意見が出た。
阿部さんが紹介してくれた本は『最高学府は馬鹿ばかり』という本で、以下に「学力低下」が深刻かというのを書いたもの。一種のネガティブキャンペーンw
ぼくは、あまり読んでいないけど、『大学生の学力を診断する』の中に使われている問題を相手側の学生に解かせてみて日本と比べてみるとおもしろいかもしれないと思った。
「企業がもとめる大学」は、『大学ランキング』の企業が評価する大学をもとにすればいいかもしれないけれど、そこにはあまり「選んだ理由」が少なかった気がした。ゆうくんが、親戚に人事課の人がいるらしいので、ゆうくんがその筋から少し調べてくれることになった。
阿部さんからの意見で、最初は「教育制度」の部分を簡単に扱う予定だったけど、やはり話し合いの上で基礎的な情報が共有されていないといけないので、「教育制度」はもう少ししっかりやりたいという意見が出た。


・次に、高橋さんからのアドバイス

ディスカッションクエスチョンは、しゅりさんが考えてくれた「日本の大学生についてどう思うか。何が足りない?」「自分の大学生活とどちらがいい?」のふたつをもとに、調べていく中でもっと詰めていこうという話になった。

これに対して、全体も含めて、OGの高橋さんからアドバイスがありました。

あいまいで大雑把な質問では自分の本当に話したいことに至らない可能性が高い。
上の質問では、「どうして日本の学生はそういう状況なの?」「なんで無気力なの?」といった感じで質問攻めにされて、肝心のディスカッションに進めない。(単なる情報の交換に終始してしまう)質問に答えられるように準備しておくか、プレゼンの中で、日本の大学・大学生の現状だけじゃなく、そうなっている背景・原因も説明しておく必要がある。あと、ディスカッションの最初に、「私たちはなになにを話したいと考えている」と明言するといいかもしれない。

とにかく、実りある議論のためには、「自分たちが何を話したいのか」を明確に決めておく必要がある。扱うトピックを一般的過ぎるものよりかは、細かいものにする。(細かいけれど、日本の現状にも関わるトピックがなおよい)

あと、小ネタっぽいものに、「導入として、こちら側・相手側代表の学生をみんなの前に立たせ、ふたりに同じ質問をして答えてもらう。

その後、どうして違う答えになったのか、同じ答えになったのかを考える。投げかける質問は、「あなたは大学に満足していますか」など自分たちが話したい目的に沿うものにする。質問内容は事前に伝えておいてもいいし、伝えなくてもいい」というパフォーマンスなどを取り入れてもいいんじゃないかと言われた。そうするとぐだぐだにならない、おもしろく関心を持って聞いてもらえるという助言をいただいた。

ーーー

こんな感じで、15日の話し合いは、最初は、自分たちが何をしていたのかの情報交換と先週の決定事項の確認というあまり実りない会話をしていた。
OGである高橋さんによる、学生会議参加経験者ゆえの鋭い指摘・助言によって、プレゼンテーション&ディスカッションをよりよくするにはどう進めればよいか、何を質問すればよいかなどを考えさせられた。でもすぐには案が思い浮かばず、その日の話し合いは終わった。

次回までの課題として、あまり中間報告まで時間もないし、忙しくてあまり時間も割いていられないので、ふたつ班をつくってそれぞれ調べてくることになった。(もちろん、高橋さんの意見は念頭に置きつつが望ましい)

阿部さん、ゆうくんペアは、「教育制度」「企業が求める大学」
杉本、しゅりさん、アリサさん、関くんは、「大学・大学生の実態を把握するためにはどうすればいいのか、把握するための有効な方法」(東大が実施したアンケートがよさそうなので、確認する必要もある)
を、それぞれ調べてくることになった。

そして、それぞれの調べものをしていくなかで、自分なりに「何を話したいのか」を詰めてくる。

ーーー

あまり考えずにズラズラ書いたからわかりにくいと思う。ごめん。
もっといい方法あれば教えて。
 

奨学金

 投稿者:  投稿日:2008年 6月16日(月)09時32分13秒
返信・引用
  この人のブログは教育関係のブログの中ではおもしろいです

http://www.wasedajuku.com/wasemaga/unipro-note/2008/06/post_139.html

 

レンタル掲示板
/2