teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


六県大会

 投稿者:奈良岡 実  投稿日:2017年 5月 6日(土)07時37分55秒
返信・引用
  7月8日~9日です。というか、日程変わってたら青森県棋界は大変なことに・・・。  
 

六県大会の日程

 投稿者:将棋ファン@六県大会観戦希望  投稿日:2017年 5月 5日(金)13時00分2秒
返信・引用
  お尋ねします。

今年度の「東北六県大会」の日程ですが、

青森県のHPには「7月8日~9日」とありますが、

山形県のHPには「7月1日~2日」とあります。

どちらが、正しい日程なのでしょうか?

教えてください。
 

大学将棋

 投稿者:とある人  投稿日:2017年 5月 2日(火)08時29分57秒
返信・引用
  東北学生将棋連盟の掲示板を見たら、明日から始まる春大会のスケジュールが載ってることに気づきました。
弘前大学さんが久しぶりの復帰ですか。頑張ってほしいです。
 

県竜王戦速報

 投稿者:奈良岡 実  投稿日:2017年 4月30日(日)19時05分58秒
返信・引用
  参加47人で、小泉祐君と俊太の決勝になりました。小泉君が元奨励会三段の実力通り優勝。一番接戦したのが髙森祐樹みたいです。名前に同じ字を使ってるからかな。ところでみなさん、どうして小泉君に敬語になってるんだろう。  

みちのく名人戦結果

 投稿者:奈良岡 実  投稿日:2017年 4月23日(日)18時43分33秒
返信・引用
  参加31人・左側が勝ち
【準々決勝】
櫻庭 一樹 二段(弘大附属中1)-旦代 一男 五段(角落ち・青森市)
木村 恭司朗 三段(三内西小6・香落ち)ー須藤 達也 二段(青森市)
木村 孝太郎五段(青森東高3・角落ち)ー髙森 祐樹 三段(浦町中2)
佐々木 潤一五段(青森市・香落ち)-蛯澤 俊太 四段(造道中1)

【準決勝】
恭司朗(香落ち)-櫻庭
孝太郎ー佐々木

【決勝】
恭司朗ー孝太郎(角落ち)

セカンドトーナメント
【準決勝】
鳥谷部 優己夫 四段(青森市・二枚落ち)-上村 豊太 2級
工藤 麟太郎 四段(浦町中3・飛車落ち)ー小坂 尚寛 初段(筒井小4)

【決勝】
麟太郎ー鳥谷部

※最近参加者が多くなって道場だと狭い状態が続いたけど、今日は余裕がありました。駒落ちは手合いで不公平があってはいけませんが、上手から見て予選は19-12、本戦トーナメントは11-2、セカンドトーナメントは7-3でした。勝率0,685。駒落ち大会で有利なのは段位の高い人、段位を超える実力の人、終盤が強い人です。将棋の勝敗は、7~8割終盤で決まるので、対局時計を使うと駒落ちのハンディより終盤の力が大きくなりますね。
 

名人戦第3局大盤解説会

 投稿者:奈良岡 実  投稿日:2017年 4月22日(土)18時31分31秒
返信・引用
  ・日時  5月3日(水・祝)18:00~19:00
・会場  青森支部道場
・解説  中川大輔八段
・会費  道場入場料
・懇親会 19:00~ほどほどの時間

※大盤解説会というより、時間設定を見ると何が目的かはっきりしてますね。ただし前回があまりに悲惨だったのでほどほど注意報を出しておきます。懇親会会費は一般2000円、高校生以下1000円。準備の都合があるので、4月末日まで申し込んでください。
 

名人戦弘前対局成功の御礼

 投稿者:奈良岡 実  投稿日:2017年 4月22日(土)09時03分11秒
返信・引用
  名人戦第2局、地元実行委員会受け持ち分は、無事終了しました。招致していただいた弘前市、ご協力いただいた各団体、個人に御礼申し上げます。

前にも書きましたが、県連の立ち位置は「全力で協力する」。そのためには①頼まれたことは確実にやる②余計な口出しはしないの2点が大切です。事業が大きくなればなるほど決定しなくてはいけない事項が多くなり、そのいちいちを全員で相談していられないし、決定したことに異論を唱える人が多くなると物事が進みません。「みなさんで相談して」というのは聞こえがいいのですが、私は「司令塔を定めてその指示に従う」方が成功の確率が高いと思っています。

県連の役割分は終わって、少しの残務整理があります。名人戦関連で弘前と青森を10往復くらいしたと思いますが、もう今日からは「伝統文化子供教室」、明日は「みちのく名人戦」、月曜日は「文化情報交換会」、木曜日は「造道小訪問指導」があり休む間がありません。補助金の申請や報告書提出の時期でもあり、観戦記とか自分の仕事の時間をどうやって作ればいいのかなあ。
 

新シリーズ開始のお知らせ

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 4月19日(水)10時28分38秒
返信・引用 編集済
  今週から「将棋駒ものがたり」が始まりました。
将棋駒を作成されている城下町弘前支部の田中規之さんに執筆していただきました。
素晴らしい内容です。ぜひトップページでご覧ください。

http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Lounge/5966/12special-syogikomamonogatari.htm

 

きり研究会

 投稿者:板垣友大  投稿日:2017年 4月18日(火)21時27分20秒
返信・引用
  4月19日~22日まで修学旅行のため、きり研究会をお休みさせて頂きます。
 

名人戦近づく

 投稿者:奈良岡 実  投稿日:2017年 4月18日(火)17時59分32秒
返信・引用
  行方尚史八段から携帯の方に連絡がありました。「明日はよろしくお願いします」と。明日何があったっけと聞き返すと、名人戦とのこと。どっひゃー。もう明日ですか。私は通常、今が何月何日か気にしないで日を過ごしてますので。

で、地元棋士とは連絡を密にしなくてはいけません。用件は「だいぶ前に忘れたネクタイを持ってきてくれ」とのこと。たしかに「今度会うとき持っていく」と言い続けて10回くらい忘れてました。私が必ず忘れるということが分かってきたようです。

ほかに「この前ホテルで飲んだ地ウィスキー買えないか」と。買うまでもなく、私の酒室に一升瓶で20本ほどあります。思えば東日本大震災のとき、酒類の販売がしばらくなくなるかもしれないという報道があって、パニックを起こしました。今まで飲みたいときに手元にお酒がなかったという経験をしたことがありません。そこで何が起きても大丈夫なように、ウィスキーは一升瓶で20本以上、缶ビールは最大20ケースから最低10ケースは備蓄しているんですね。あとは梅酒10樽とか、日本酒10升くらいでしょうか。災害の備えは怠ってはなりません。
 

レンタル掲示板
/255