teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


よみがえれ五所川原地区

 投稿者:北畠 悟  投稿日:2017年 9月 8日(金)19時51分26秒
返信・引用
  おまけに掲載ありがとうございます。五所川原地区は以前は将棋熱があり、県タイトル戦には10人近く参加していましたが、現在は激減しています。いろいろ個人の問題もありますが、一つには私の指導力(将棋以外)の不足もあります。将棋センターは閉業し、五所川原高校将棋部もなくなり、大会開催もありません。青森、八戸、弘前地区に棋力、人数とも差をつけられています。よって、底辺の拡大を目指し今回の運びとなりました。何人申し込みがあるか全くわかりません。最初は少人数でも少しずつでも増えるように頑張ります。  
 

四川道中膝栗毛あるいは世界シャンチーダブルスマッチ

 投稿者:田中 篤(in 品川)  投稿日:2017年 9月 7日(木)07時24分25秒
返信・引用
  東北大会でも全国大会でも、迷子や忘れ物は格好のネタになりますが、さすが世界へ行く人たちは桁が違います。日本を出る前から「ここでこれを置いてきちゃうのか」という大技炸裂です。詳細は将棋まつりの打ち上げで。

結果 田中篤・蒋川(目隠し同時多面指しギネス世界記録保持者) 2勝2敗3分(16チーム中9位)
   所司和晴・曹岩磊                    2勝4敗1分(16チーム中13位                  
 

新教室開講

 投稿者:奈良岡 実  投稿日:2017年 9月 6日(水)15時02分34秒
返信・引用 編集済
  福井杯は早めに帰りましたが、麟太郎が優勝したみたいですね。夏の全国大会で厳しい相手と戦って、少し将棋の線が太くなりましたか。

初段戦の参加者40人越えで、この層の需要が明らかになりました。県連ではお金の問題でなく、需要があるならそれに応えたいと思います。二段戦・三段戦も考えています。財政面では一時の危機的状況を脱しましたし、会計が赤字になったとしてもそれだけ将棋愛好者の方々にサービス面で還元できているということですから。

需要で言うと、少し相談があった新教室が開講の運びとなりました。五所川原のエルム内の講座で、北畠師範が講師を務めます。入門から有段までを目指すお子さんに最適でしょう。詳しくはエルムのご案内などを見てください。
 

9月定例きり研究会のお知らせ

 投稿者:きり研究会主宰  投稿日:2017年 9月 5日(火)21時21分24秒
返信・引用
  9月定例きり研究会を下記にて開催します。

いつものことですが、指定局面の変化を予習し、
狙いや考えをしっかりもって指すように。
欠席の場合は、仲間に連絡、または、
本掲示板にその旨お知らせください。

         記

日   時  9月16日(土)10:00~
場   所  青森支部道場
指定局面  角換わり腰掛け銀 先手6八玉・4八金・2九飛型
▲7六歩△8四歩▲2六歩△3二金▲7八金△8五歩▲7七角金△3四歩▲8八銀△7七角成
▲同銀△4二銀▲3八銀△7二銀▲4六歩△6四歩▲3六歩△6三銀▲6八玉△3三銀
▲4七銀△4二玉▲3七桂△7四歩▲1六歩△1四歩▲9六歩△9四歩
▲2九飛△5二金▲4八金△3一玉▲5六銀△5四銀▲2五歩
とした局面で後手の手番です。
 

予選3局目結果

 投稿者:船橋隆一  投稿日:2017年 9月 2日(土)17時29分4秒
返信・引用
  残念ながら負けでした。純粋に実力不足でした。  

第71回全日本アマチュア将棋名人戦青森県関係

 投稿者:  投稿日:2017年 9月 2日(土)15時11分38秒
返信・引用
  予選通過決定戦(??現在対局中)

船橋隆一(青森県) 対    上田洋(京都府)
 

第71回全日本アマチュア将棋名人戦青森県関係

 投稿者:  投稿日:2017年 9月 2日(土)14時28分10秒
返信・引用 編集済
  予選2回戦結果

船橋隆一(青森県)○    対    石本優(長崎県)X

木村孝太郎(青森県)○   対   遠藤正樹(埼玉県)X

木村孝太郎君、堂々の2連勝での予選通過です。
おめでとうございます。本戦も頑張ってください。
船橋君も予選通過決定戦、頑張ってください。
 

第71回全日本アマチュア将棋名人戦青森県関係

 投稿者:  投稿日:2017年 9月 2日(土)13時22分37秒
返信・引用
  予選1回戦結果

船橋隆一(青森県)X    対    上田洋(京都府)○

木村孝太郎(青森県)○   対   小野友慈(静岡県)X
 

将棋年鑑入荷

 投稿者:奈良岡 実  投稿日:2017年 8月30日(水)15時52分49秒
返信・引用
  この前の四段戦、隼也が優勝したみたいですね。二段からいきなり四段になるのかな。まだ力不足ですが、将棋を始めて2年ほどで四段はいいペースですか。県代表レベルの壁を抜けられるかどうかが大事なところです。

隼也の場合は、上達法というより趣味で棋譜を並べています。将棋に使う時間の多くの割合が棋譜並べです。同じ一門でも白馬は棋譜を並べたことはないと思います。その代わり大会出場が年間80~90。私のところでは基本は統一してますが、将棋への向かい方はそれぞれでいいことになってます。

手違いで遅れていた将棋年鑑が入荷しました。割り引きでお渡しできます。隼也の結果を見ると、趣味でなく上達法としても棋譜並べは有益ですね。
 

連合青森東青地域将棋大会結果

 投稿者:奈良岡 実  投稿日:2017年 8月27日(日)18時56分21秒
返信・引用
  【Aクラス】参加7人
①旦代 一男 五段(JP労組)
②近村 兼光 四段(自治労)
③佐々木潤一・五段(自治労)
③木村 大輔 四段(自治労)

【Bクラス】参加7人
①鈴木 健司 二段(自治労)
②大橋正太郎 1級(電力総連)
③三浦 徳文 初段(自治労)
③加藤 健児 1級(JP労組)

※優勝者は書く必要がないかと思ったら、優勝率9割の絶対王者が敗れました。殊勲の星を上げたのは旦代さんです。

ついでですが、杉野杯の社告が出ました。参加者増でみなさんに不便をおかけしてましたが、会場費や日程などの問題があり、そもそも事前申し込み制で無いのでいつも満員になるかは完全に予測がつかないので仕方ない面もありました。さすがに昨今の状況だと許容範囲を超えるので、これからは青森道場では2クラス併用の大会を無くし、1クラスのみでゆったりやりたいと思います。

ただし、土曜日午前中は入門教室をやってるので、土曜の大会は午後1時からになります。お気を付けください。ってーか、朝から教室ー大会で、ぼくの体力が持つかなあ。
 

レンタル掲示板
/259