teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


(無題)

 投稿者:tetsu036  投稿日:2017年 9月19日(火)19時30分5秒
返信・引用 編集済
  9/20放送 NHK「探検バクモン」に佐藤天彦名人、加藤一二三九段、森下卓九段登場????藤天彦名人
番組名NHK「探検バクモン」
放送日時9月20日(水) 午後8時15分~午後8時43分
ゲスト出演佐藤天彦名人、加藤一二三九段、森下卓九段
司会 爆笑問題(太田光・田中裕二)出演 サヘル・ローズ語り木村昴,島本須美
番組ページhttp://www4.nhk.or.jp/bakumon/x/2017-09-20/21/31981/1665215/


第65期王座戦五番勝負第2局、9月19日に対局
羽生善治王座に中村太地六段が挑戦する第65期王座戦五番勝負第1局が9月19日(火)に大阪府大阪市「ウェスティンホテル大阪」で行われます。
第61期以来の挑戦となる中村六段が羽生王座にどういった戦いを挑むか注目のシリーズです。五番勝負の模様は、王座戦中継サイトと日本将棋連盟モバイルで中継をいたします。ぜひご覧下さい。
また、ニコニコ生放送・AbemaTVでは、対局の模様を動画中継で解説をしますので、あわせてご覧下さい。

https://plaza.rakuten.co.jp/tetsu036/diary/201709010000/
 
 

赤旗名人戦津軽地区大会結果

 投稿者:三浦 行  投稿日:2017年 9月19日(火)15時04分47秒
返信・引用
  A級
①小山内雄一三段(弘前)→県大会出場
②工藤一徳二段(弘前)
③佐藤龍宜初段(鶴田中2)→県大会出場
④渡邊雄星初段(弘前大3)→県大会出場
2位の工藤さんが渡邊君に代表権を譲り、4位の渡邊君までが県大会出場になりました。
B級
①若井裕司初段(弘前)
②上村豊太2級(弘前五中1)
③小笠原剛平1級(弘前)
 

将棋まつり-2

 投稿者:北畠 悟  投稿日:2017年 9月18日(月)20時37分59秒
返信・引用
  大会の運営係をやって一番困るのが対局者二人が揃わないことです。今回は昼食が同じ階でしたが、それでも片方がなかなか見つからず遅れた対局がありました。昼食後すみやかにもどってくれれば、もっとスムーズに出来ました。特にDクラスは知らない方が多く対局時間より探す時間の方が長かったケースもありました。奈良岡先生より子どもを探す秘策を教わりました。参加者の協力、及び係の機転がより必要だと感じました。全体的には大成功です。女子アマ王位東北予選を少しだけ観戦しましたが、レベルと張り詰めた空気に感心しました。大会関係者の皆様、ご苦労様でした。  

将棋まつり成功の御礼

 投稿者:奈良岡 実  投稿日:2017年 9月18日(月)08時21分45秒
返信・引用
  第19回青森県将棋まつりが無事終了しました。会場に足を運んでいただいた将棋愛好者の方々、運営に当たられた方々、協賛各社に御礼申し上げます。

開始前、駐車場で荷物を下ろし会場の扉が開くのを待っている時間に北畠五段「今回は忘れ物はないかな」奈「ある。今まで忘れ物をしなかったことはない。けれども今の段階ではそれが何かは分からない」。ふざけているのでなく、自分では万全な準備をしたつもりでもそうなるんですね。で、受付を始めようとしたら「筆記用具箱忘れた」。筆記用具なしで100人以上の大会を運営するってどうなんですかね。

「海の幸将棋大会」の参加者は118人。お弁当を130個注文しておいたので、プロ棋士とスタッフの分を入れてちょうどいいかなと思っていると、全部配ったあとに次から次へと「もらっていない」という人が現れます。「おかしいな」と思いながらその都度表に買いに行っても、戻ると何度でも「足りない」という人が。念のため自分で参加者を集計してみると129人だったことが判明。もっと早く正確な数をつかんでいたら早めに対処できたのですが。

こちらは苦戦でしたが、席上対局は好調。恭司朗と孝太郎がそれぞれ島井咲緒里女流二段、甲斐日向奨励会三段に勝ち星を挙げ、会場は沸きました。

終了後の打ち上げ会では、体調不良ながらもたくさんの役割を果たした船橋君に女性陣の同情が集まってました。しかし私も前日の前夜祭から2日連続の酷使で身体に深刻な健康被害が。それを伝えると「そんなの」と相手にされなかったり笑われる事態に。こっちの方が深刻なのにどうしてそんなに女性人気に違いがあるのでしょうか。

来年は20回記念で大掛かりにやりますが、克服しないといけない難関がたくさん待ってます。
 

更新再開しました。

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 9月11日(月)10時59分52秒
返信・引用
  長らく滞っていましたHPの更新を再開しました。
まだ、支障はあるのですが、随分復旧できました。
長らく更新できずに申し訳ありませんでした。

今回は
将棋駒ものがたりの第5回です。弘山様あいがとうございました。
 

富士通杯

 投稿者:とある人  投稿日:2017年 9月11日(月)00時23分9秒
返信・引用
  大澤くんの全勝賞は見事です。  

9月定例きり研究会の日程変更のお知らせ

 投稿者:きり研究会主宰  投稿日:2017年 9月10日(日)19時47分9秒
返信・引用
  9月定例きり研究会について、9月16日(土)に開催の予定でしたが、
中体連などと重なったので、9月30日(土)に変更します。
間違えないように注意してください。
 

杉野杯結果

 投稿者:奈良岡 実  投稿日:2017年 9月10日(日)19時25分20秒
返信・引用
  【準々決勝】左側が勝ち・参加32人
船橋 隆一⑤(青森市)-遠瀬 龍二④(三沢市)
櫻井 飛嘉⑤(立命館大4)-小笠原俊彦③(青森市)
飯田 巧 ⑤(青森市)ー木村恭司朗③(三内西小6)
工藤 俊介⑤(八戸市)ー鈴木 雄貴⑤(青森市)

【準決勝】
船橋ー櫻井    俊介ー鈴木

【決勝】
俊介ー船橋

※社会人層が厚くなった中、子供組で恭司朗が一人8強に残りました。俊介は2連覇です。
 

杉野杯初段位獲得戦結果

 投稿者:奈良岡 実  投稿日:2017年 9月10日(日)09時33分34秒
返信・引用 編集済
  【準々決勝】参加37人・左側が勝ち
小西 海(長島小5)-三上 凌空(青森高2)
米内山琳(青森東高2)-小山内 浩文(弘前市)
品川 浩志(青森市)-石田 翔唯(弘大付属中1)
角 哉汰(三沢小6)-工藤 慎矢(青森高2)

【準決勝】
海ー米内山   工藤ー石田

【決勝】
海ー工藤

※初段戦を増やすことで、新初段のレベルが落ちることを懸念していましたが、上位はいい感じの強さでした。まず、高校生が強くなっていたのには感心しました。みんな高校に入ってから始めたのに、しっかりした将棋になってます。あと三沢小の「文部科学大臣杯」代表選手も強さが増していました。

決勝が始まる前、海が初段戦の決勝で4回負けていることを聞きました。一生懸命努力している人の気持ちに応えることも指導者の役割です。たとえ負けても、5回準優勝なら永世称号を贈ることを伝えました。北畠悟県初代永世選手権者、工藤佳織県初代永世女流名人に続く、永世1級位を贈ると。残念ながら勝ってしまったので実現しませんでしたが。永世位を得るのは難しいことです。

あと、敗者戦の決勝は、ぷにこ対ぷにこ父でした。これまで母娘の決勝、母息子の同時優勝、父子の同時優勝はありましたが、父娘は初のケースです。決勝前に優勝者は宅配の食べ物、準優勝は藤井聡太四段ファイルという賞品を伝えましたが、それが結果に影響を及ぼしたのかも知れません。
 

よみがえれ五所川原地区

 投稿者:北畠 悟  投稿日:2017年 9月 8日(金)19時51分26秒
返信・引用
  おまけに掲載ありがとうございます。五所川原地区は以前は将棋熱があり、県タイトル戦には10人近く参加していましたが、現在は激減しています。いろいろ個人の問題もありますが、一つには私の指導力(将棋以外)の不足もあります。将棋センターは閉業し、五所川原高校将棋部もなくなり、大会開催もありません。青森、八戸、弘前地区に棋力、人数とも差をつけられています。よって、底辺の拡大を目指し今回の運びとなりました。何人申し込みがあるか全くわかりません。最初は少人数でも少しずつでも増えるように頑張ります。  

レンタル掲示板
/259