teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


ご案内

 投稿者:武林  投稿日:2018年 4月22日(日)20時02分4秒
返信・引用
  ☆全国将棋支部対抗戦
東日本大会優勝祝賀会のご案内☆

先日行われた東日本大会優勝を祝しまして、
僭越ながら祝賀会を執り行いと思います。
急ではございますが、皆様のご参加お待ちしております。

日時 5月1日(火)
開始 午後6時半頃
会場 めん房たけや
会費 一般3,000円
学生(大学生込) 2,000円

決定局の棋譜解説予定

※自由対局スペースをご用意いたします。
 開始前又は終わりの一時までお楽しみください。

締切 4月28日(土)

連絡先 武林
090-2886-8429
 
 

みちのく名人戦結果

 投稿者:奈良岡 実  投稿日:2018年 4月22日(日)18時30分25秒
返信・引用
  【準決勝】
蛯澤ー鳥谷   成田ー工藤

【決勝】
成田ー蛯澤

【残念準決勝】
瀬川ー小野   水谷ー上村

【残念決勝】
水谷ー瀬川
 

みちのく名人戦途中経過

 投稿者:奈良岡 実  投稿日:2018年 4月22日(日)15時05分49秒
返信・引用
  【準々決勝】参加38人・本戦トーナメント20人・左側が勝ち
鳥谷 耕熙二段(十和田西高1) 平手 佐藤 龍宣二段(鶴田中2)
蛯澤 俊太四段(造道中2) 飛車落ち 小西 海 初段(長島小6)
工藤 斗也二段(弘前南高1) 飛車落ち 嘉瀬 松雄五段(青森市)
成田 豊文五段格(青森大4) 5枚落ち 牧野 寛也3級(青森東高2)

【残念トーナメント準々決勝】18人
小野 大佑二段(浦町中2) 4枚落ち 岩谷 丈5級(沖舘小3)
瀬川 丈夫四段(むつ市) 飛香落ち 木村 朋子1級(青森市)
上村 豊太初段(弘前五中2) 飛香落ち 小山内 隆4級(弘前市)
水谷 隼也四段(青森山田中1) 平手 木村 恭司朗四段(三内中1) 
 

錯覚か

 投稿者:吉田俊哉  投稿日:2018年 4月21日(土)15時32分16秒
返信・引用
  下の記事の「乾杯して飲み始めたら数分で終わった」のところを見て、
「呑み会を始めて、数分で、酒を全部呑み切ってしまった」と思ってしまいました。

さすがに、そんなことは無かろう、と錯覚に気付きました。

いやいや、青森なら、それも有るか…
 

企画倒れ

 投稿者:奈良岡 実  投稿日:2018年 4月21日(土)09時17分55秒
返信・引用
  名人戦を見ながらワインを楽しむ会、企画倒れに終わりました。いつも解説会では(終盤白熱するのはいいけれど早く飲みに入りたい)と思いながら見ていて、それなら今回は(飲みながら見ればそんな思いをしなくていいのでは)と思ってやってみたのですが、夕食休憩のときは形勢に差がついている感じで、乾杯して飲み始めたら数分で終わってしまいました。

以前、天ぷら堤でやったときはもっと早く4時くらいに決着して、みんな集まったのは終局後。これは私たちの不心得にたいする天罰とも考えられますが、もともと青森道場での飲み会は将棋の話はしないので、いつもと変わらないとも言えます。田村康介七段をハンディなしの真剣勝負で倒したりする女性もいて(オセロだけど)、いったい何をやっているのやら。
 

ヒロロ(アルペジオ将棋)練習会お休みのお知らせ

 投稿者:三浦 行  投稿日:2018年 4月19日(木)15時33分39秒
返信・引用
  小笠原会長が今月だけ入院のため、あさって(21日)と28日(土)のヒロロでの練習会は中止になりました。
また、5月27日(日)11時から、ヒロロ3Fの交流室で春の将棋大会が開かれます。
詳しくは5月にお知らせします。
 

快挙!!

 投稿者:佐藤 敏樹  投稿日:2018年 4月18日(水)15時22分35秒
返信・引用
  弘前の皆さん、本当におめでとうございます。純粋な三段以下の構成での優勝は正に快挙と言えるでしょう。将棋連盟のベスト4以上を四段とする対応も影響していると思います。私の時は優勝しないと四段が貰えなかったので12年もかかってしまいました。昭和63年以降団体戦の参加者に変化がみられるようになってそれこそ五段ぐらいの人を揃えても勝てる保証がないほど大変な大会になってしまいました。そんな過酷な状況での優勝はどんな言葉もみつかりません。  

東日本大会優勝おめでとうございます

 投稿者:三浦 行  投稿日:2018年 4月16日(月)19時26分46秒
返信・引用
  城下町弘前支部東日本支部対抗戦優勝は快挙ですね。
いろいろな県で5段レベルをそろえても上位に行けなかった例を聞いてきたので、本当に3人がチームとしてよく戦ったと思います。
城下町支部がこども教室を行ったり支部として地道に活動してきた成果ですね。
また青森県内で大会がたくさん開かれ、多くの選手が育ったおかげだと思います。
これが良い刺激になって皆さんの更なる棋力アップと活躍につながるのではないかと期待しています。
 

八戸藩

 投稿者:奈良岡 実  投稿日:2018年 4月16日(月)12時24分12秒
返信・引用
  本田先生執筆の「八戸藩」書評、新聞に載っていましたね。あの内容の評を書くには相当学識豊かな人でないと難しいと思います。

将棋の話になりますが、青森県は構造上、多くのことは三市が中心になって進めていかなくてはいけなくなっています。将棋界では、八戸地区は普通の県連以上に大規模だったり、多彩な事業を行っています。青森地区は、私が動ける間は大丈夫です。弘前地区は名門2支部が解散して、一時危機状態になりました。けれども城下町弘前支部が立ち上がり、タイトル戦を毎年のように開催するなど、棋界の底上げに努めてきました。その成果が今回の支部対抗戦優勝となって表れたのだと思います。限られた個人や地域だけでなく、野球で言えばどの打順からも得点できるのが今の青森県将棋界の姿でしょうか。
 

祝優勝 他

 投稿者:北畠 悟  投稿日:2018年 4月16日(月)07時43分48秒
返信・引用
  ・城下町弘前支部優勝おめでとうございます。県大会が一番苦戦だったかも。県予選に参加した他の支部会員も今度は自分達の番だと思ってくださるといいですね。今年も青森県代表が各大会で活躍してくれることを期待しています。私は不本意ながらこ数年応援団の方にまわっています。

・五所川原市エルム文化センターの将棋講座が4月から5月にかけて短期5回コースで始まりました。金曜日午後6時から8時までとやや遅く眠がっている子どもがいました。親の送り迎え、夕食の準備、仕事の終了時間等を考え担当者と協議し時間を決めましたが、もう少し早い方がいいのかもれません。さてルールの説明で二歩は反則だと言ったら、飛車もダメなんですかと質問がありました。ちょっとびっくりしましたが新鮮な質問で逆に感動しました。そういう人こそ普及の面で大切だと思いました。
 

レンタル掲示板
/279