teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


アルペジオ春の将棋大会のお知らせ

 投稿者:三浦 行  投稿日:2017年 5月24日(水)19時35分23秒
返信・引用
  書き込み遅れてすみません。
5月21日(日)ヒロロ3Fの交流室1でアルペジオ春の将棋大会が開かれ、25人が参加しました。
今回は結果整理遅れて陸奥新報に結果出せませんでした。
勝ち越し者の結果は以下の通りです。
① 須藤達也二段(青森)7-0
② 水谷隼也二段(浪岡南小6)9-2
③ 石田翔唯1級(弘大附属中1)9-2
④ 工藤一徳二段(弘前)4-1
⑤ 佐藤龍宜初段(鶴田中1)7-3
⑥ 高木伴彰二段(藤崎)8-4
⑦ 畑谷公太初段(弘大3)5-3
⑧ 林幸之介2級(金沢小3)6-5
11時に始まり昼食休憩をはさみ4時に終わりましたが皆さん早指しで局数多かったです。中には15局指してももっと指したいという子もいました。
次回は8月11日(山の日)11時から行われます。
 
 

飯島栄治七段歓迎会のお知らせ

 投稿者:奈良岡 実  投稿日:2017年 5月24日(水)13時43分40秒
返信・引用
  パソコンが倒れて難儀しています。これは旧パソコンから打っています。インターネットで見られないものが多いのと、メールの受信は来るけど送信できないのが痛い。

6月24日(土)飯島栄治七段が指導でお見えになります。前日に青森入りするみたいなので歓迎会を開きます。6月23日(金)18:00「天ぷら堤」。会費は5000円。参加希望者は私まで連絡ください。
 

追伸 大会のお知らせ

 投稿者:三浦 行  投稿日:2017年 5月19日(金)08時21分39秒
返信・引用
  少し説明不足でしたが、今週土曜日のヒロロの練習会はお休みで、日曜日11時から大会がありますのでお間違えのないようによろしくお願い致します。  

5月定例きり研究会のお知らせ

 投稿者:きり研究会主宰  投稿日:2017年 5月18日(木)01時49分38秒
返信・引用
  5月定例きり研究会を下記にて開催します。
いつものことですが、指定局面の変化を予習し、
狙いや考えをしっかりもって指すように。
欠席の場合は、仲間に連絡、または、
本掲示板にその旨お知らせください。

         記

日   時  5月27日(土)10:00~
場   所  青森支部道場
指定局面    先手 超速銀  VS  後手 ゴキゲン中飛車
▲7六歩△3四歩▲2六歩△5四歩▲2五歩△5二飛▲4八銀△5五歩▲6八玉△3三角▲3六歩△6二玉
▲3七銀△7二玉▲4六銀△8二玉▲7八玉△7二銀▲6八銀△4二銀▲4五銀△3二金▲3四銀
とした局面で後手の手番です。
 

お詫び

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 5月16日(火)10時43分1秒
返信・引用
  明日更新予定でしたが、都合により明後日木曜日になります。
申し訳ありません。

http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Lounge/5966/12special-syogikomamonogatari.htm

 

アルペジオ春の将棋大会のお知らせ

 投稿者:三浦 行  投稿日:2017年 5月13日(土)15時48分14秒
返信・引用
  毎週土曜日10時から18時まで弘前のヒロロ3Fで将棋の練習会を、小笠原剛平さんなど元アルペジオメンバーが中心になって開いています。
来週練習会はお休みですが、将棋大会を午前11時から行いますので、奮ってご参加ください。
私土曜も仕事でほとんど練習会に参加できませんでしたが、日曜は休みなので審判やらせていただきます。

    アルペジオ春の将棋大会
日 時 5月21日(日) 11時開始
場 所 ヒロロ3F交流室
クラス 特に分けませんが良い勝負な人同士当てて、下手の希望で駒落ちにもします。
会 費 コーヒーやジュース付き1,000円、高校生以下・女性500円
申 込 当日会場にて受け付ける。
ルール 4・5局以上指して勝率の高い人が優勝、15分秒読み30秒
 賞  5位まで主宰の剛平先生から賞品。

ところでアルペジオはもう閉店しましたが、今月からまた借り手が見つかり、三代目アルペジオがオープンしています。
 

大会運営について

 投稿者:奈良岡 実  投稿日:2017年 5月 8日(月)15時33分46秒
返信・引用
  県内各地域、団体の将棋振興活動により、大会参加者が目に見えて増えてきました。今季「県名人戦」では、1クラスだけなのに参加者が50人を超えました。それでいろいろな事象が起こっていますが、大会運営について考察してみたいと思います。

まず、大前提を確認しておきたいと思います。参加者増は良いこと。ここを踏まえないと、方向性を誤ります。次に、現在の県連大会は主に青森道場を使っていますが、そもそも東奥日報新町ビルが使えなくなったときみなさんに案を募りましたが、誰も対策が出せませんでした。そこで当時の「青森将棋センター」と「青森支部」を合併させ、自前の会場で大会ができるようにしました。自前の会場のメリットは①会場費が安い②用具運搬の必要がない③運営者の移動が必要ない④継続して同じ会場でできるなどがあります。青森県くらい大会が多い地区で自前の会場を使わないとすると、年間の会場費がかなりになる、毎回用具と移動が必要、大会ごとに会場が変わる可能性があるなど、相当の不便が予想されます。

ところが参加者増で、そうも言っていられない事態が生じました。現在の青森道場だと50人くらいの対局が限界です。あと、現行の三大タイトル戦の敗者復活方式だと、不自然なほど対局数が多くなる可能性があります。「県名人戦」予選会の最多対局は小泉君の9局で、これは限界値でしょう。

三大タイトル予選会で一番効率がいいのはスイス式です。しかし少なくとも私にはソフトが難しい。あと、機械は親子や兄弟などを考慮せずに組み合わせると思います。そして個人的には、目の前の相手を倒せば前に進んで行けるトーナメントの方が、面白く感じます。まあ今季三大タイトル戦は終わったので、今後の大会運営方式をどうするか、しばらく考えてみたいと思います。問題点は2つ。50人以上を収容できるかどうか。敗者復活方式を残して、不自然なほど多くなる対局数を調整できるかどうかです。
 

県名人戦1日目結果

 投稿者:奈良岡 実  投稿日:2017年 5月 7日(日)19時31分30秒
返信・引用
  小泉祐五段、佐々木潤一五段が勝ちで、来週の本戦に進みました。  

県名人戦1日目途中経過

 投稿者:奈良岡 実  投稿日:2017年 5月 7日(日)19時03分40秒
返信・引用
  参加51人、左側が勝ち
【本戦進出決定戦】
◎佐藤 直樹1級(青森市)ー桜庭 一樹二段(弘大附中1)
◎成田 豊文四段(青森大3)ー小泉 祐五段(青森市)
◎船橋 隆一五段(青森市)ー米塚 肇四段(中泊町)
◎木村 孝太郎五段(青森東高3)-菅野 博之四段(青森市)

【トーナメント1回戦敗者復活決定戦】
◎横山 幸男五段(弘前市)ー長谷川 裕五段(弘前市)

【トーナメント途中敗退者復活決定戦】
小野 大祐初段(浦町中1)対局中 小泉 祐五段(青森市)

【予選敗者復活決定戦】
佐々木 潤一五段(青森市)対局中 北畠 悟五段(つがる市)
 

ありがとうございます

 投稿者:将棋ファン@六県大会観戦希望  投稿日:2017年 5月 6日(土)13時29分23秒
返信・引用
  「7月8日~9日」ですね。

ありがとうございます。

今年こそ、青森県の優勝を期待します。

 

レンタル掲示板
/250