teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


明治天皇御製

 投稿者:薬戸  投稿日:2017年 4月17日(月)10時21分54秒
返信・引用
  風吹けば 雪と乱れて さくら花 ちるもひとつの さかりなりけり


どのような思いで この歌をお創りになったのでしょうか
 
 

さくら

 投稿者:薬戸  投稿日:2017年 4月14日(金)12時42分53秒
返信・引用
  櫻はやっぱり 山桜  

黒文字

 投稿者:薬戸  投稿日:2017年 3月20日(月)16時13分43秒
返信・引用
  黒文字の新芽 元気を貰います  

源実朝

 投稿者:薬戸  投稿日:2017年 2月 4日(土)16時55分53秒
返信・引用
  ホームページを 大好きな 源実朝の歌にしました  

縄文時代の定住

 投稿者:薬戸  投稿日:2017年 1月20日(金)18時06分30秒
返信・引用
  定住が行われるようになって、一番恩恵を受けたのは、老人
移動の時に はぐれるとか 付いて行けなくて姿を隠すことがあったが
定住がはじまり老人が 天寿を全うできるようになった

これは 小林達雄先生の説です
 

明けましておめでとうございます

 投稿者:薬戸  投稿日:2017年 1月 4日(水)18時00分53秒
返信・引用
  新しい年を迎え 御製を 恐れ多くも挙げました  

縄文語

 投稿者:薬戸  投稿日:2016年12月24日(土)19時13分47秒
返信・引用
  「縄文語の発見」小泉保 青土社  の 前書きに

[弥生期の言語と縄文期の言語との間に血脈の断絶があると決めてかかっていた。そうした確証は何もないのに、断絶の臆説にいまも研究者は縛られているのである。]

この文章に感激しました
 

植物の進化

 投稿者:薬戸  投稿日:2016年12月21日(水)11時58分52秒
返信・引用
  木が古くて
草が新しいのですね

進化の最果てが ラン科の植物なのでしょうか
 

 投稿者:薬戸  投稿日:2016年12月 6日(火)07時43分57秒
返信・引用
  雷が盛んに鳴っています
雪が近いのでしょうか

寒いよ
 

サネカズラ

 投稿者:薬戸  投稿日:2016年12月 3日(土)18時10分15秒
返信・引用
  天飛ぶや 軽の路は 我妹子が 里にしあれば ねもころに 見まく欲しけど 止まず行かば 人目を多み まねく行かば 人知りぬべみ サネガスラ 後も逢はぬと 大船の 思ひたのみて 玉かぎる 磐垣淵の こもりのみ 恋ひつつあるに 渡る日の 暮れぬるが如 照る月の 雲隠れる如 沖つ藻の 靡きし妹は もみじばの 過ぎて去にきと 玉梓の 使の言へば 梓弓 声に聞きて 言はむすべ せむすべ知らに おとのみを 聞きてありえねば 我が恋ふる 千重の一重も 慰もる こころもありやと 我妹子が やまず出で見し 軽の市に わが立ち聞けば 玉襷 畝傍の山に 鳴く鳥の 声も聞こえず 玉ホコの 道行く人も 一人だに 似てし行かねば すべをなみ 妹が名をよびて 袖ぞ振りつる

(一人だに)が抜けていました
慌てました
 

レンタル掲示板
/30